らんごさん(God Bless All Dogs)のブログから、
アイリッシュセッターの女の子の保護という記事がでました悲しい どうしてという疑問ばかりですが、びっくり今は彼女が幸せにK一生を暮せるあったかい家族が必要です家
img20060303.jpg
















私はブログスタートと同時に、アークさんのhpなど、動物レスキューなどの記事をよく見るようになりました パソコン悲惨な出来事などを読むたびに この世の中どうして、責任と言う言葉を知らずに動物を飼うのか、どうして、命あるものが、何も悪い事もしていないのに、人間によって死を無理やり選択させられなければならないかという疑問が沢山、頭の中をよこぎります悲しい。ペットブームという言葉にのせられて 何も考えずに動物を飼ってしまい、しまったと思って捨てる人、儲かるからとブリーダーをする人お金。 動物は、ブランドのカバンや時計ではないのです。質屋に持っていって、新しいものに交換するのとは違うのだカバン。  犬の十戒など、命の尊さ、動物の身になって考えるということを、小さい頃から教える必要があると、私は思います。いや、生き物を飼う前に。
img20060303_1.jpg


I got an information from another blogger
God Bless All Dogs. According to her blog, one Irish setter (around 2 years old girl)has been abandoned by an owner and now she is looking for a new family who can give a lot of love. I do not know why people just abandon these kind of doggies. Doggies are not like toys or branded goods which can be traded by another. They have life and they have also right to live and right to have happiness. We have pet boom in Japan and many people just get doggies because of boom, many breeders just have doggies as biz purpose without enought good care. This is what I do not like in Japan. Any booms are starting, people chase or buy goods or animals without any deep thought or responsiblity. We have a kind of fine who abandon animals. but who knows, who can watch, how to find those evils!